特別養護老人ホーム 春寿園  【社会福祉法人 春寿会】 | 茨城県ひたちなか市堀口88番地1

 

 
 
 
 
 

法人概要

理事長 ご挨拶

このたび、私ども社会福祉法人春寿会が運営する『特別養護老人ホーム 春寿園』を、茨城県水戸市隣接の「ひたちなか市堀口」に開設致しました。

この地は、私が生まれ育った場所です。堀口で小学校に通い、堀口の田畑が私の幼き頃の遊び場でした。そのふるさとである堀口に、特別養護老人ホームを開設できたことは、私にとって無常の喜びであります。

私が代表を務める株式会社アーバンアーキテック〔「健康型有料老人ホーム」や高齢者住宅「ご長寿くらぶ」(ひたちなか市だけでも、すでに6ケ所)を運営〕のクレド(社是)には、既に『地域貢献』をうたっており、もちろん私ども社会福祉法人春寿会のクレド(信条)にも『地域貢献』をうたっております。私がこの生まれ育った「ひたちなか市堀口」に『特別養護老人ホーム 春寿園』を開設した第一の目的は、この『地域貢献』ができることです。

高齢者住宅「ご長寿くらぶ」の運営だけでもある程度のことは出来ますが、もっと総合的にこの地の高齢者の方々に奉仕し、地域貢献をしたかったのです。すなわち、介護を必要としない方が入居できる「健康型有料老人ホーム」から、中介護度中心の高齢者住宅「ご長寿くらぶ」、そして高介護度の方が入居する「特別養護老人ホーム 春寿園」まで、私どもの力で様々な福祉サービスをこの生まれ育った地で提供したかったのです。
そのことが、真に『地域貢献』することになると考えました。その目的が『特別養護老人ホーム 春寿園』の開設なのです。

私が、介護施設の開発と運営を志したのには理由があります。私自身が母親の介護体験を通じて苦労したことがあるのです。当時、母親は認知症でした。そして、当時は施設の数が少なく、受け入れてくれる施設が少なかったのです。受け入れてくれる施設を見つけるまで大変な思いをしました。そして、病状が進んで看取り状態になったときも、受け入れてくれる施設あるいは病院が少なく、見つけるのにとても苦労しました。こういった苦労を、できるだけ他の人にかけさせたくありません。

一度、「ご長寿くらぶ」または「特別養護老人ホーム 春寿園」にご縁をいただいた方には、最後のときまで一貫してケアを提供していきたいと考えております。ですから、この「特別養護老人ホーム 春寿園」は看取りができる施設として運営していきたいと考えております。
この「特別養護老人ホーム 春寿園」が、地域のお年寄りがご自宅のように過ごされる場所となるように努めて参ります。
そして、真の意味での終の棲家になれるように看取り対応をして参ります。

この「特別養護老人ホーム 春寿園」はユニットケアというシステムをとっており、ユニットの仲間は家族同然、その仲間たちと楽しく充実した日々を過ごしていただきたいと思っております。そして、最後のときはその仲間たちとご家族にやさしく見守られて看取られる。そんな施設運営をしていきたいと考えております。

どうか地域の皆様、このような趣旨をご理解の上、末永くこの施設「特別養護老人ホーム春寿園」をご愛顧賜りたく思います。 

  

理念と基本方針(クレド)

 法人理念

 

高齢者への奉仕 地域貢献

 

施設運営理念

 

ぬくもりとやすらぎに包まれる家

 

 基本方針-7つのクレド(信条)-

私たちは、清潔で安全で事故のない環境を作ります。
私たちは、心のこもった質の高いサービスを提供します。
私たちは、利用者様の人格と主体性を最大限に尊重します。
私たちは、法令を遵守し、地域社会に貢献します。
私たちは、無駄のない効率的な施設運営を心がけます。
私たちは、チームワークを重視し、共に助け合って仕事をします。
私たちは、仕事を通じて自らの家庭生活の充実と満足を目指します。

   

法人運営内容の開示

 

定款

社会福祉法人 春寿会 定款(平成29年4月1日施行) (PDF形式)

 

現況報告書

現況報告書様式(平成29年4月1日現在)(PDF形式)

 

決算報告書

決算報告書 第1期(自 平成28年6月10日 至 平成29年3月31日)(PDF形式)

 

 


特別養護老人ホーム 春寿園 住所:茨城県ひたちなか市堀口88番地1/電話番号:029-229-2225

 
 
ホームページ作り方